歯ぎしり

一般的に「歯ぎしり」と言われる行為は、専門的には以下の3つに大別されます。

グラインディング
「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯軋り。
一般的に歯ぎしりと呼ばれているのは、主にこのタイプです。
クレンチング
「ググッ」と上下の歯を強く噛み合わせる歯軋り。
音が出ないので気づかないことも多いですが、これも歯ぎしりの一種です。
クレンチング
「カチカチッ」と歯を打ち鳴らす歯軋り。歯ぎしりの中ではまれなタイプです。

「歯ぎしり」をすることによって歯には大変な負担がかかります。歯がすり減ったり、欠けたり、動揺するようになったりする場合があります。また、歯周病の患者さんにおいては、それが悪化することもあります。その他、顎の筋肉に疲労を感じたり、顎関接症を引き起こすこともあります。

治療はナイトガード(主に夜間装着する合成樹脂で出来た歯ぎしり防止装置)をお口の中に入れ、歯や顎にかかる負担を軽減する)の装着や、咬合調整があります。

顎関節症

顎関節症は自分で簡単にわかります。

  • 口を開けた時、閉じた時のどちらかでも音が出る
    (かっくん、がさがさなど)
  • 痛みがある
  • 大きく口が開けられない又は閉じない

以上の症状に一つでも当てはまればあなたは顎関節症です。

治療の前に診断と原因をつきとめることが必要です。原因は噛み合わせ、歯ぎしりや喰いしばり、外傷、頚椎の歪みや心理的影響によっても起こります。

治療はマニュピレーションといって顎に力を加える方法やスプリント(マウスピース)を夜間睡眠時に装着する方法、薬を使用する方法、カウンセリングや整体などの理学療法など様々です。スプリントは幾つか種類があって病態や症状により使い分けます。

顎関節症といって皆が治療するかというとそうではありません。一般に治療対象となるのは痛みがある、極端に口が開かない、閉じないなど、他に全顎的に被せ物や詰め物をするときに治療終了後、噛み合わせの不具合を起す事があるために顎関節治療を行う場合があります。