MIとは?

歯科医学が進歩した現在においても、持って生まれた歯に勝る人工物は作れません。

MI(Minimal intervention:最小限の侵襲の治療)とは、虫歯を処置するとき、その最も美しく大切な歯をできる限り削らずに、虫歯だけを取り去り治療する方法です。

一般的な治療では虫歯を削り、クラウン(被せ物)やインレー(部分的な被せ物)を入れるために、虫歯以外の健全な部分も削る事になります。しかし、最近では歯と接着する材料やつめる材料の開発が進み、咬み合せにも耐えうるようになってきました。そのため、最小限の治療が可能になってきました。ただし、全ての虫歯に適用できるわけではなく、虫歯の進行度合いによってはクラウンやインレーを入れなければなりません。

  1. 虫歯だけ削った状態です。

  2. 銀歯を入れるために健康な部分も削らなくてはいけません。

  3. 虫歯のMI写真

    虫歯の部分だけを削って充填することができました。自然な仕上がりになっています。

MIの特徴

利点

  • 虫歯だけ削り余計なところは削らない
    (自身の歯の健全な部分が残る)
  • 歯と同じ色(白)で修復するので目立たない
  • 金属アレルギーのある方にも適用できる

欠点

  • 大きな虫歯の時対応できない事がある

審美歯科

審美歯科(しんびしか)とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事を指します。

歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに日常生活を送るには重要な要素です。

しかしながら、一般歯科での治療は機能的な歯科治療に偏重しがちであり、審美歯科の様な見た目も重視した治療を行うには限界があります。

審美歯科の具体的な治療内容としては、ホワイトニングセラミック修復コンポジットレジン修復などがあります。

ホワイトニング(ホーム)
歯科医師の指導のもと、患者さんが自宅(ホーム)で寝ている間に行なうことの出来る簡単な方法です。
ホワイトニング(オフィス)
歯科医院(DENTAL OFFICE)で行なう仕事で忙しい方のための1日で終わるスピードコースです。
セラミック修復
セラミック製の人工歯を用いる治療です。セラミックは金属と比較して安全なのと、プラスチックと比較して色調再現性が非常に優れており、人工歯に最適な素材です。
コンポジットレジン修復
虫歯の”詰め”として最も多く使用されている材料で、この素材の長所は型をとったりする必要がないため一回の治療で完了する点です。
  1. レジン充填前

    「レジン充填前」の写真

  2. レジン充填後

    「レジン充填後」の写真