予防歯科とは?

むし歯や歯周病の予防を目的としています。虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、健康な状態を維持する事が重要であると考えてます。予防歯科では、口腔内のチェックや虫歯、歯周病の検査と定期清掃を行います。その他、歯磨きや食生活の指導、唾液やかみ合わせの検査なども基本的な項目です。

歯ブラシの処方を行っています

歯ブラシは処方する時代です。

お口の中は人それぞれ千差万別。歯並びの良くない人や、ブリッジの入っている人など…。

一口に歯磨きといっても難しいものです。歯磨きグッズも毛先の違う歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロス・電動歯ブラシなどたくさんのものが溢れています。いったいどれを使えばいいのでしょう?

当院では歯ブラシの処方を提案します。人それぞれのお口の中の状態に合わせた歯ブラシや補助的器具を選び出し、その人にあったお手入れの仕方を指導させていただきます。

我々歯磨きのプロが提案・指導する歯磨きで一歩進んだ歯磨きライフを体験してみませんか!

PMTCとは?

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、専門的なグッズ、専門機器を用いて行なう歯のクリーニングです。

毎日の歯磨きだけでは取れない頑固にへばりついている汚れ(バイオフィルム)を歯科医院で徹底的に取り除き、破壊させます。

このような方におすすめします

  • 虫歯にこれ以上なりたくない人
  • 歯周病治療終了後の再発・悪化が心配な人
  • 着色が気になる人・冠などの被せ物がある人
  • 毎日磨いてもさっぱり・すっきりしない人
  • 歯周病の方
  • 良く磨けているか心配な人
  • インプラント治療をうけられた方
  • 虫歯になりやすい方
  • 小学生で子供と大人の歯が入り混じって磨きにくい状態の人

PMTCで得られる効果

  • 歯の磨きにくい所やすみずみの汚れを徹底的に取り除くため虫歯予防に最適
  • 歯周ポケットを洗浄することによる歯周病の予防
  • フッ素を塗るので歯を強くする
  • お口の中の爽快感が得られる
バイオフィルムって?
プラークの中にある虫歯や歯周病の病原菌の塊を保護する膜で、この中では病原菌が大増殖します。歯磨きだけではなかなか落ちにくく、何重にも厚くなり病原菌を保護するバリヤーとなって、病気を重症化させます。
歯周ポケットって?
歯と歯ぐきの間の狭いすき間のことです。
歯周病が悪化するとこのポケットが深くなり、手入れがたいへん難しくなります。

PMTCは1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月などそれぞれの状態にあわせて期間をおき、繰り返して行うと効果があります。

歯周病って?

歯周病とは、歯の表面につくプラーク・ 歯垢(細菌の塊)によっておこる「歯の周りの病気」のことです。ひとことで「歯周病」といってもさまざまなタイプがあります。

歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎があります。世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎を指しますが、歯周病にはその症状、病態によっていろいろな種類があるのです。

歯周病は、国民のほとんどが罹患する可能性の高い病気といえます。入れ歯になる最大の原因も歯周病なのです。

子供の虫歯

乳歯はいずれ永久歯に生えかわるのだから虫歯になってもかまわないという方がいます。でもこれは大きな間違いです。

乳歯には、次に生えてくる永久歯を正しい位置に誘導するという重要な役割をもっています。
また、乳歯に虫歯が多い子は、注意しないと永久歯も虫歯になる可能性が高くなります。

さらに、学校の歯科検診は診断条件が悪く、虫歯を正確に見つけることは難しいのが現状です。子供の虫歯は早めの歯医者さんへの受診が大事です。
もっと大事なのは、虫歯の有る無しにかかわらず定期的に検診してもらうことです。

歯並びが気になる方

歯並び・噛みあわせが悪いとさまざまな症状が出ることがあります。

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 顎関節症になる可能性がある
  • 見た目の印象が気になる

当院では、矯正科医による矯正治療を月に一度実施しております。また、治療内容・期間・費用等の矯正科医による無料相談もお受けしております。ご希望の方はお気軽に当院スタッフにお申し付けください。

口元からきれいにそろった白く清潔感のある歯がのぞいていれば、最高の笑顔になります。自分の笑顔に自信を持てると、知らず知らずのうちに積極的なり、社交性もでます。
詳しくは審美歯科のページでも触れていますので、合わせてご覧下さい。