医院名:ひらた歯科クリニック 所在地:〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1丁目1−5 リライアンス河原町 3F 
電話番号:022-395-8211

入れ歯(義歯)

歯を失った状態を放置しておくリスク

歯を失った状態を放置すると、歯を失った部分の両隣の歯が傾いてきてしまいます。その結果、隣の歯やさらにその隣の歯まで失う場合もあります。

歯を失うということは、その部分の歯がなくなるだけではなく、残っている歯やあごの動き、顔の表情まで変えることになるのです。歯を失った状態が続くと、以下のような変化がみられます。

 

失った歯の対合歯が伸びてくる

失った歯と噛み合うはずの歯が、噛み合う歯がないために徐々に伸びてきてしまいます。

失った歯の両隣の歯が傾いてくる

失った歯の両隣の歯が、歯がない方向に徐々に傾いてきます。放置するとその隣の歯までが傾き、歯列全体に悪影響を及ぼします。

噛み合わせのバランスが崩れる

歯を失うと、食べ物をうまく噛むことができなくなるため、特定の歯ばかりで噛むようになります(偏側咀嚼・片噛み)。その結果、噛み合わせのバランスが崩れていきます。

歯ぐきの位置が下がる

歯を失った状態を長期間放置すると、その歯の周りの骨が痩せてしまい、歯肉が小さくなります。すると歯根が露出して歯と歯の隙間が大きくなり、見た目が悪くなります。

顎関節症や腰痛、肩こりを引き起こす

歯を失ったことで起こる噛み合わせのズレは、顎関節症の原因となります。顎関節症になると、あごの痛み、口が大きく開けられない、あごを動かすと異音がするといった症状の他、頭痛や首・肩・腰・背中の痛みやこりなどにつながることもあります。

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

ブリッジ

失った歯が1~2本の場合に行う治療法です。歯のない部分の両隣の歯を削り、連結した人工歯で橋をかけます。両隣の歯が差し歯だとできない場合もあります。

メリット……固定式なので装着感がほとんどない、人工歯の素材によっては保険適用内で治療できる

デメリット……健康な歯を削る必要がある、失った歯の本数が多い場合にはできない、歯がない部分の歯肉が痩せるとブリッジとの間に隙間ができ、発音時に息が漏れることがある、審美面にこだわる場合は保険適用外となる

入れ歯

歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯がない奥歯などに行う治療法です。左右両方の奥歯を失った場合や、一番奥の歯を失った場合には部分入れ歯を、すべての歯を失った場合は、歯ぐきの上にのせる総入れ歯(総義歯)を使用します。

メリット……素材によっては保険適用となる

デメリット……装着時に異物感がある、発音が阻害される、味覚が損なわれる、天然の歯の1/2~1/3程度の咀嚼力になってしまう

インプラント

歯のない部分に人工の歯根を埋める治療方法です。チタン製の人工歯根と骨が結合するので、天然の歯と変わらない噛み心地です。

メリット……天然の歯と変わらない感覚で噛める、異物感がない、周りの歯を傷つけない、歯を失った本数に関係なく対応可能、自然な見た目になる

デメリット……外科的な治療が必要になる、糖尿病などの疾患があるとできない場合もある、治療期間が他の治療に比べて長い、保険適用外で治療費が自己負担になる

当院の入れ歯治療の特徴

当院では、すべての患者さんにしっかりと噛めるお口を取り戻してほしいという思いから、保険適用でも良く噛める入れ歯治療行っております。なお、ご相談に応じて自費診療の入れ歯治療を行うことも可能です。

実際の治療では、入れ歯治療の経験豊富な歯科医師が担当します。入れ歯をはめる部分はもちろん、お口全体を丁寧に観察し、むし歯や歯周病、噛み合わせのバランスといったさまざまなトラブルを解消した状態で入れ歯を作成しています。

お口のトラブルを抱えた状態で入れ歯を装着してしまうと、入れ歯本来の機能を十分に発揮できません。特に総入れ歯の場合は、型取りとあごの状態の確認に力を入れ、自然な噛み合わせを再現できるよう工夫しています。入れ歯ができあがったら、患者さんのお口にピッタリ合うように何度でも調整いたします。

また、提携している技工士は、入れ歯製作における高い技術を有しており、精度の高い入れ歯をスピーディーに仕上げることが可能です。「できるだけ早く入れ歯が欲しい」という場合には、ぜひ当院にご相談ください。

入れ歯の調整

当院には「入れ歯が合わなくなった」「噛み心地が悪い」「噛む度に痛みがある」といった入れ歯の悩みを抱える患者さんが多くいらっしゃいます。

こうした悩みの原因の多くは、歯ぐきが痩せてしまい、入れ歯が合わなくなったことです。歯ぐきは加齢とともに痩せていくため、徐々に入れ歯がグラついてきたリ、噛む力が弱くなったと感じたりすることがあります。

しかし、入れ歯の内側にレンジを加えるなどの調整することで、快適な使い心地を取り戻すことができます。

ただ、入れ歯のグラつきを放置していたり、歯周病が進行していたりする場合などは、歯ぐきが大きく衰退していることも多いため、入れ歯を作り直す必要があります。

こうなる前に、入れ歯が合わないと感じたらすみやかに調整することが大切です。入れ歯の不具合にお悩みの方は当院までご相談ください。

ご希望によっては・・・(ノンクラスプ)

(ノンクラスプ)

部分入れ歯の金属のバネが見えることや違和感が嫌だという方、金属アレルギーの方におすすめなのが、ノンクラスプデンチャーです。

ノンクラスプデンチャーには従来の部分入れ歯に使われていた金属のバネがなく、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。新素材の樹脂を使っているため弾性に優れており、薄くて軽いのが特徴です。装着時の違和感がなく、見た目も自然です。

当院では、患者さんのご希望に合わせてノンクラスプデンチャーのご案内を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

基本情報

医院名 ひらた歯科クリニック
所在地 〒984-0816 宮城県仙台市若林区河原町1丁目1−5 リライアンス河原町 3F
電話番号 022-395-8211